古語:

退転の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たい-てん 【退転】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

修行を怠って、それまでに得た悟りの境地や地位が、もとの状態に戻ること。


出典今昔物語集 一・五


「この施(せ)を受けては苦行たいてんしなん」


[訳] この施しを受けてしまったら、(これまでの)苦行(で得た境地が)もとに戻ってしまうだろう。◇仏教語。


しだいに衰えること。しだいになくなること。


出典平家物語 二・山門滅亡


「講演磨滅して、堂々の行法(ぎやうぼふ)もたいてんす」


[訳] 仏説の講義や説法はすたれて、(それぞれの)僧堂僧堂での仏法の修行もしだいに衰える。


絶えてなくなること。中断すること。


家が断絶すること。破産して、その地位を失うこと。








退転のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

退転のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




退転のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS