古語:

退屈の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たい-くつ 【退屈】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

気力を失うこと。気落ちすること。うんざりすること。


出典太平記 七


「寄せ手の兵(つはもの)、多くはたいくつしてぞ見えたりける」


[訳] 攻める方の兵は、ほとんど気力を失っているように見えた。


退屈すること。


出典狐塚 狂言


「定めて両人ともにたいくついたすでござらう」


[訳] きっと二人とも退屈するでありましょう。


困りきること。


出典武家義理 浮世・西鶴


「まもなく病死または悪風にたいくつして」


[訳] まもなく病死または、悪い風習に困りきって。









退屈のページへのリンク
「退屈」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

退屈のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




退屈のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS