古語:

遥かなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はる-か・なり 【遥かなり】

形容動詞ナリ活用

活用{(なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ)}


遠く離れている。ずっと遠い。▽距離的・空間的に隔たっているようす。


出典更級日記 子忍びの森


「ありありてかくはるかなる国になりにたり」


[訳] とどのつまり、このような遠く離れている国の国司になってしまったのだ。


ほど遠い。ずっと将来である。▽時間的に隔たっているようす。


出典枕草子 ゆくすゑはるかなるもの


「ゆくすゑはるかなるもの。…生まれたる稚児(ちご)の大人になる程」


[訳] 将来がほど遠いもの。…生まれた赤子が大人になるまでの間。


気が進まない。その気になれない。うとましい。▽気分的に隔たっているようす。


出典源氏物語 桐壺


「大床子(だいしやうじ)の御膳(おもの)などは、いとはるかにおぼし召したれば」


[訳] (悲しみから)大床子の御膳(=天皇の昼の正式の食事)などは、とてもその気になれない(=食べる気になれない)とお思いになっているので。


(程度が)甚だしい。


出典徒然草 一八四


「皆を張りかへ候はんは、はるかにたやすく候ふべし」


[訳] (障子の紙の)全部を張りかえますなら、そのほうがはなはだ容易でございましょう。








遥かなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

遥かなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




遥かなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS