古語:

遥遥なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はる-ばる・なり 【遥遥なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


はるかまで続いている。


出典土佐日記 二・五


「松原目もはるばるなり」


[訳] 松原は目も見張るほどはるかに続いている。


久々だ。



はろ-ばろ・なり 【遥遥なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


遠く隔たっている。「はろはろなり」とも。


出典万葉集 八六六


「はろばろに思ほゆるかも白雲の千重(ちへ)に隔てる筑紫(つくし)の国は」


[訳] はるか遠くに思われることだよ。白雲が幾重もの重なりになって隔てている筑紫の国は。◆上代語。








遥遥なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

遥遥なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




遥遥なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS