古語:

閃くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひら-め・く 【閃く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


ぴかっと光る。きらめく。


出典竹取物語 竜の頸の玉


「神は落ちかかるやうにひらめく」


[訳] 雷は上方から襲いかかるようにぴかっと光る。


ひらひらと揺れ動く。翻(ひるがえ)る。


出典平家物語 一一・勝浦付大坂越


「渚(なぎさ)に赤旗少々ひらめいたり」


[訳] 渚に赤旗が少々ひるがえっている。◆「めく」は接尾語。



ひろ-め・く 【閃く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


「ひらめく」に同じ。


出典日本書紀 雄略


「その雷(かみ)光りひろめきて」


[訳] その(大蛇は)雷のような音をたて光がぴかっと光って。








閃くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

閃くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




閃くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS