古語:

門跡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もん-ぜき 【門跡】

名詞

一門・一派の中心であり、その伝統を継承する寺院・僧。


皇族・貴族の出身者が住持する特定の寺院。また、その寺院の住職。


参考

一門・一派の法跡の意。仏教語。は、昌泰(しようたい)二年(八九九)に宇多上皇が仁和寺(にんなじ)で出家したのに始まる。室町時代以後は寺院の格式となり、一般の寺院より上とされた。江戸幕府は、法親王の住持する宮(みや)門跡、摂家(せつけ)出身者の摂家門跡、清華家(せいがけ)出身者の清華門跡、それらに次ぐものとしての准(じゆん)門跡に区別した。









門跡のページへのリンク
「門跡」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

門跡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




門跡のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS