古語:

陰陽の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いん-やう 【陰陽】

名詞

中国の古代の哲学ともいうべき易学で、宇宙の万物を造り出す根源とされる、相反する性質をもつ二つの気。積極的な性格をもつ日・春・夏・昼・東・南・火・男などは陽、消極的な性格をもつ月・秋・冬・夜・西・北・水・女などは陰とする。「おんやう」「おんみゃう」「いんにゃう」とも。



おん-みゃう 【陰陽】

名詞

「いんやう」に同じ。



おん-やう 【陰陽】

名詞

「いんやう」に同じ。


「陰陽師(おんやうじ)」の略。


「陰陽道(おんやうだう)」の略。◆「おんみゃう」とも。









陰陽のページへのリンク
「陰陽」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

陰陽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




陰陽のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS