古語:

険しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

けは・し 【険し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


(山・坂などが)険しい。険阻(けんそ)である。


(風・波などが)激しい。荒々しい。


出典源氏物語 総角


「夜の、気色(けしき)いとどけはしき風の音に」


[訳] 夜になって、あたりのようすはよりいっそう激しい風の音がする中で。


てごわい。きびしい。


あわただしい。せわしい。



けわし 【険し】

⇒けはし



さが・し 【険し・嶮し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


(山などが)険(けわ)しい。


出典宇津保物語 俊蔭


「いただき天につきてさがしき山はるかに見ゆ」


[訳] 頂上は天につくほどで険しい山がはるかに見える。


危ない。危険である。


出典源氏物語 夕顔


「この葛城(かづらき)の神こそ、さがしうしおきたれ」


[訳] この葛城の神が(打ち橋を)危なくこしらえておいたものだ。◇「さがしう」はウ音便。









険しのページへのリンク
「険し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

険しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




険しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS