古語:

陽炎の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かぎろひ 【陽炎】

名詞

東の空に見える明け方の光。曙光(しよこう)。


出典万葉集 四八


「東(ひむがし)の野にかぎろひの立つ見えて」


[訳] ⇒ひむがしの…。


「かげろふ(陽炎)」に同じ。[季語] 春。◆上代語。



かげろふ 【陽炎】

名詞

春の晴れて直射日光の強い日などに、地面からゆらめいてのぼる気。あるかないかわからないもの、はかなく消えやすいもののたとえに用いられることが多い。[季語] 春。◆「かぎろひ」の変化した語。









陽炎のページへのリンク
「陽炎」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

陽炎のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




陽炎のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS