古語:

隈無しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くま-な・し 【隈無し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


かげりがない。▽満月のようす。


出典徒然草 一三七


「花は盛りに、月はくまなきをのみ見るものかは」


[訳] 桜の花は満開のときに、月はかげりがない満月のときにだけ見るものであろうか、いや、そうではない。


陰になるところがない。▽光がすみずみまで照らしているようす。


出典源氏物語 薄雲


「くまなき夕日にいとどしく清らに見え給(たま)ふを」


[訳] 陰になるところのない夕日に(照らされ)一段と美しくお見えなさるのを。


抜け目ない。精通している。ゆきとどいている。


出典源氏物語 夕顔


「おのれもくまなき好き心にて」


[訳] 自分も抜け目のない色好みの心で。


あけひろげだ。


出典源氏物語 夢浮橋


「僧都(そうづ)の御心は、聖(ひじり)といふ中にも、あまりくまなく物し給(たま)へば」


[訳] 僧都のご気性は、同じ聖の中でも、あまりあけひろげでいらっしゃるので。








隈無しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

隈無しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




隈無しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS