古語:

露の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つゆ 【露】

[一]名詞

露。消えやすいものとしてとらえることが多い。


出典方丈記 


「あるいはつゆ落ちて花残れり」


[訳] ある場合は、露が落ちて花が残っている。


涙(のしずく)たとえ。多くの意をかけて用いる。


出典源氏物語 桐壺


「いとどしく虫の音(ね)しげき浅茅生(あさぢふ)につゆおきそふる雲の上人(うへびと)」


[訳] ⇒いとどしく…。


はかなく消えやすいもののたとえ。


出典源氏物語 夕霧


「つゆのあはれをばさしおきて、ただならず嘆きつつおはす」


[訳] 露のようにはかない無常ということをさしおいて、ひとかたならず嘆き続けていらっしゃる。


ほんのわずかなこと。少しばかりのこと。


出典源氏物語 帚木


「つゆにても心にたがふ事はなくもがな」


[訳] ほんのわずかなことについても(夫の)心にそむくことはないようにしたい。


狩衣(かりぎぬ)・直垂(ひたたれ)などの、袖(そで)くくりの紐(ひも)の下へ垂れた部分。


出典太平記 二


「柿(かき)の衣のつゆを結んで肩に掛け」


[訳] 柿色の法衣の袖くくりの紐の先を結んで肩にかけて。


[二]副詞

〔下に打消の語を伴って〕少しも。まったく。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「やがて末まではあらねども、すべてつゆたがふことなかりけり」


[訳] すぐに下の句まで答えるということはないが、すべてにおいて少しも間違うことがなかった。









露のページへのリンク
「露」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

露のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




露のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS