古語:

麗らかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 麗らかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うらら-か・なり 【麗らかなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


(日の光が)明るくのどかだ。▽多く、春の日をいう。


出典枕草子 関白殿、二月二十一日に


「日のうららかにさし出(い)でたるほどに起きたれば」


[訳] 日が明るくのどかにさし出したころに起きると。


(声が)明るくほがらかだ。


出典源氏物語 胡蝶


「鶯(うぐひす)のうららかなる音(ね)に」


[訳] うぐいすの明るくほがらかな鳴き声に。


(心の中に)隠すところがなく、さっぱりしている。


出典徒然草 二三四


「うららかに言ひ聞かせたらんは」


[訳] 隠すところなく言い聞かせたとしたら。








麗らかなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

麗らかなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




麗らかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS