古語:

俳諧の連歌の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「俳諧の連歌」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~5/5件中)

分類文芸和歌や俳諧(はいかい)などの滑稽(こつけい)や洒落(しやれ)。古くは『万葉集』の戯笑(ぎしよう)歌や『古今和歌集』の俳諧歌などに見られ、後には俳諧の連歌(れんが)や狂歌・川柳などに受け継がれた...
名詞①たわむれ。滑稽(こつけい)。おかしみ。②和歌の一体である「俳諧歌(はいかいか)」の略。⇒俳諧歌分類文芸。③「俳諧の連歌(れんが)」の略。⇒俳諧の連歌分類文芸。
名詞①たわむれ。滑稽(こつけい)。おかしみ。②和歌の一体である「俳諧歌(はいかいか)」の略。⇒俳諧歌分類文芸。③「俳諧の連歌(れんが)」の略。⇒俳諧の連歌分類文芸。
名詞①たわむれ。滑稽(こつけい)。おかしみ。②和歌の一体である「俳諧歌(はいかいか)」の略。⇒俳諧歌分類文芸。③「俳諧の連歌(れんが)」の略。⇒俳諧の連歌分類文芸。
分類文芸滑稽(こつけい)・諧謔(かいぎやく)(=ひねりをきかせたおもしろみ)を主眼とする連歌。和歌的な風雅を重んじて制約の多い純正連歌(=有心(うしん)連歌)に対していう。室町時代中期に始まり、末期に...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS