古語:

当座の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「当座」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~8/8件中)

名詞歌舞・演芸などをした者に、衣服や金品をほうびに与えること。また、その金品。転じて、当座の祝儀。「てんとう」とも。▽ほうびとして衣服をもらったとき、それを頭にまとったことから。
名詞歌舞・演芸などをした者に、衣服や金品をほうびに与えること。また、その金品。転じて、当座の祝儀。「てんとう」とも。▽ほうびとして衣服をもらったとき、それを頭にまとったことから。
分類書名浮世草子。井原西鶴(さいかく)作。江戸時代前期(一六八八)刊。六巻。〔内容〕西鶴の町人物の第一作。町人の知恵才覚による経済上の成功談と失敗談三十話から成る。「昔は掛算今は当座銀」の三井九郎右衛...
分類書名浮世草子。井原西鶴(さいかく)作。江戸時代前期(一六八八)刊。六巻。〔内容〕西鶴の町人物の第一作。町人の知恵才覚による経済上の成功談と失敗談三十話から成る。「昔は掛算今は当座銀」の三井九郎右衛...
分類連語そうは言うものの。やはり。出典徒然草 三〇「年月経ても、つゆ忘るるにはあらねど、去る者は日々に疎(うと)しと言へることなれば、さはいへど、その際(きは)ばかりは覚えぬにや」[訳] たとえ長い年...
分類連語そうは言うものの。やはり。出典徒然草 三〇「年月経ても、つゆ忘るるにはあらねど、去る者は日々に疎(うと)しと言へることなれば、さはいへど、その際(きは)ばかりは覚えぬにや」[訳] たとえ長い年...
名詞①(物の)端。へり。出典源氏物語 夕顔「母屋(もや)のきはに立てたる屛風(びやうぶ)」[訳] 母屋の部屋の端に立ててある屛風。②(物と物との)境目。仕切り。出典源氏物語 末...
名詞①(物の)端。へり。出典源氏物語 夕顔「母屋(もや)のきはに立てたる屛風(びやうぶ)」[訳] 母屋の部屋の端に立ててある屛風。②(物と物との)境目。仕切り。出典源氏物語 末...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS