古語:

濁るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「濁る」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/54件中)

分類連語「ごぢょく」に同じ。◆「五濁(ごぢよく)」の訓読。
分類連語「ごぢょく」に同じ。◆「五濁(ごぢよく)」の訓読。
名詞「五濁」が現れた、悪い世の中。末法の世。◆仏教語。
名詞「五濁」が現れた、悪い世の中。末法の世。◆仏教語。
名詞(水が)わずかに濁ること。◆「ささ」は接頭語。
名詞(水が)わずかに濁ること。◆「ささ」は接頭語。
名詞(水が)わずかに濁ること。◆「ささ」は接頭語。
名詞末法の世に現れて人の心身を損なう、五つの汚(けが)れ。劫濁(こうじよく)(=天災・流行病が起こること)・見濁(=人間が悪い見解を起こすこと)・命濁(みようじよく)(=人間が短命になること)・煩悩濁...
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2022 GRAS Group, Inc.RSS