古語:

黒髪山の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「黒髪山」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~9/9件中)

接続詞それゆえ。そこで。だから。「よて」「よりて」とも。▽前文で述べたことを理由・根拠として、後文に続ける。出典奥の細道 日光「旅立つ暁髪を剃(そ)りて墨染めにさまをかへ、…。よって黒髪山の句あり」[...
接続詞それゆえ。そこで。だから。「よて」「よりて」とも。▽前文で述べたことを理由・根拠として、後文に続ける。出典奥の細道 日光「旅立つ暁髪を剃(そ)りて墨染めにさまをかへ、…。よって黒髪山の句あり」[...
接続詞それゆえ。そこで。だから。「よて」「よりて」とも。▽前文で述べたことを理由・根拠として、後文に続ける。出典奥の細道 日光「旅立つ暁髪を剃(そ)りて墨染めにさまをかへ、…。よって黒髪山の句あり」[...
接続詞それゆえ。そこで。だから。「よて」「よりて」とも。▽前文で述べたことを理由・根拠として、後文に続ける。出典奥の細道 日光「旅立つ暁髪を剃(そ)りて墨染めにさまをかへ、…。よって黒髪山の句あり」[...
名詞山の木の枝葉からこぼれ落ちる露。山の下草に宿る露。[季語] 秋。出典万葉集 一二四一「ぬばたまの(=枕詞(まくらことば))黒髪山を朝越えてやましたつゆに濡(ぬ)れにけるかも」[訳] 黒髪山を朝越え...
名詞山の木の枝葉からこぼれ落ちる露。山の下草に宿る露。[季語] 秋。出典万葉集 一二四一「ぬばたまの(=枕詞(まくらことば))黒髪山を朝越えてやましたつゆに濡(ぬ)れにけるかも」[訳] 黒髪山を朝越え...
分類俳句「剃り捨てて黒髪山(くろかみやま)に衣更(ころもが)へ」出典奥の細道 日光・曾良(そら)[訳] 黒髪を剃り捨てて、墨染めの法衣(ほうえ)を着た僧として今度の旅に出たが、この黒髪山に衣更えの日の...
[一]自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}次から次へと続いて起こる。たび重なる。出典万葉集 四五一六「新(あらた)しき年の始めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事(よごと)」[訳] ⇒あらたし...
[一]自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}次から次へと続いて起こる。たび重なる。出典万葉集 四五一六「新(あらた)しき年の始めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事(よごと)」[訳] ⇒あらたし...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2020 Weblio RSS