古語:

おろおろの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おろ-おろ

副詞

大ざっぱに。ざっと。


出典増鏡 序


「ただおろおろ見及びし物どもは」


[訳] ただざっと見ることができたものは。


ところどころ。


出典宇治拾遺 一一・一二


「髪もはげて、白きとてもおろおろある頭に」


[訳] 髪もはげて、白髪もところどころある頭に。


ぼつぼつ。少しずつ。


出典雨月物語 菊花の約


「諸子百家のことおろおろ語り出(い)で」


[訳] 諸子百家のことをぼつぼつ話し出して。◆「おろおろと」の形でも使う。


注意

現代語の「おろおろ」は、どうしてよいかわからずあわてる意だが、古語にはその意味はない。









おろおろのページへのリンク
「おろおろ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おろおろのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おろおろのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS