古語:

たまもかるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たまもかるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たまもかる…

分類和歌


「玉藻(たまも)刈る(=枕詞(まくらことば))敏馬(みぬめ)を過ぎて夏草の(=枕詞)野島の崎に舟近づきぬ」


出典万葉集 二五〇・柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)


[訳] 敏馬を通り過ぎて、野島の崎に舟が近づいたことだ。


鑑賞

「柿本人麻呂の羇旅(きりよ)の歌」八首の中の一首。舟は難波(なにわ)(大阪府)から瀬戸内海を西へ向かって航行している。「玉藻刈る」「夏草の」は枕詞だが、「敏馬」「野島」の景を描写する意図もあるようだ。この二語によって、音調が流麗になり、リズム感をもたらした。「敏馬」は今の神戸市灘(なだ)区岩屋町付近、「野島」は淡路島の西北部。



たまも-かる 【玉藻刈る】

分類枕詞


玉藻を刈り採っている所の意で、海岸の地名「敏馬(みぬめ)」「辛荷(からに)」「乎等女(をとめ)」などに、また、海や水に関係のある「沖」「井堤(ゐで)」などにかかる。


出典万葉集 二五〇


「たまもかる敏馬を過ぎて」


[訳] ⇒たまもかる…。









たまもかるのページへのリンク
「たまもかる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たまもかるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たまもかるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS