古語:

なれの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なれ

推定・伝聞の助動詞「なり」の已然形。


出典堤中納言 このついで


「宰相中将こそ参り給(たま)ふなれ」


[訳] 宰相の中将がいらっしゃるようだ。



なれ

断定の助動詞「なり」の已然形・命令形。


出典更級日記 梅の立枝


「宮仕へせしが下りしなれば」


[訳] (継母(ままはは)だった人は)以前に宮中に仕えていたが(父について東国に)下った人であるので。



なれ 【慣れ】

動詞「なる」の未然形・連用形。



なれ 【汝】

代名詞

おまえ。▽対称の人称代名詞。親しい者、目下の者、動物などに用いる。


出典万葉集 一四九九


「ほととぎすなれだに来(き)鳴け」


[訳] ほととぎすよ。せめておまえだけでも来て鳴けよ。








なれのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なれのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なれのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS