古語:

なれやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なれ-や

分類連語


(一)

〔「や」が係助詞の場合〕


〔「や」が疑問の意を表す場合〕…だからなのだろうか。


出典古今集 恋一


「浮草の上は繁(しげ)れる淵(ふち)なれや深き心を知る人のなき」


[訳] 表面は浮草が繁っている深い淵だからなのだろうか、私の深い心の底をわかってくれる人がいない。


〔「や」が反語の意を表す場合〕…なのだろうか、いや、…ではない。


出典万葉集 二三


「麻続王(をみのおほきみ)海人(あま)なれや伊良虞(いらご)の島の玉藻刈ります」


[訳] 麻続王は漁師なのだろうか、いや、そうではないのに、伊良虞の島の藻を刈っていらっしゃることよ。


(二)

〔「や」が詠嘆を表す間投助詞の場合〕…であることよ。


出典新古今集 羇旅


「明けばまた越ゆべき山の嶺(みね)なれや」


[訳] ⇒あけばまた…。


なりたち

断定の助動詞「なり」の已然形+助詞「や」









なれやのページへのリンク
「なれや」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なれやのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




なれやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS