古語:

ねばの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ね-ば

分類連語


〔「ば」が順接の確定条件を表す場合〕…ないので。…ないから。


出典徒然草 二五


「桃李(たうり)もの言はねば、たれとともにか昔を語らん」


[訳] 桃や李(すもも)はものを言わないから、だれとともに昔を語ろうか、いや、だれとも語れない。


〔「ば」が恒常条件を表す場合〕…ないと。…ないときは、いつも。


出典徒然草 四七


「鼻ひたる時、かくまじなはねば、死ぬるなり」


[訳] くしゃみをした時、このように(クサメ、クサメと)おまじないをしないと、死んでしまうのだ。


〔多く上に「も」を伴い、「ば」が逆接の確定条件のような意味を表す場合〕…ないのに。


出典万葉集 一六二八


「我が宿の萩(はぎ)の下葉は秋風もいまだ吹かねばかくぞ紅葉(もみ)てる」


[訳] 私の家の庭の萩の下葉は、まだ秋風も吹かないのに、こんなに紅葉しているよ。


なりたち

打消の助動詞「ず」の已然形+接続助詞「ば」









ねばのページへのリンク
「ねば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ねばのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ねばのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS