古語:

ぬるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぬ・る

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


ほどける。ゆるむ。抜け落ちる。


出典万葉集 一一八


「恋ふれこそわが結ふ髪の漬(ひ)ぢてぬれけれ」


[訳] 恋い慕ってくださるから、私の結った髪が水にぬれ、ほどけたのだな。



ぬる

完了の助動詞「ぬ」の連体形。


出典古今集 秋上


「秋来(き)ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる」


[訳] ⇒あききぬと…。



ぬ・る 【濡る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


ぬれる。


出典蕪村句集 俳諧


「春雨(はるさめ)や小磯(こいそ)の小貝(こがひ)ぬるるほど―蕪村」


[訳] ⇒はるさめやこいそのこがひ…。









ぬるのページへのリンク
「ぬる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ぬるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ぬるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS