古語:

ぬべしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぬ-・べし

分類連語


〔「べし」が推量の意の場合〕きっと…だろう。…てしまうにちがいない。


出典土佐日記 一二・二七


「潮満ちぬ。風も吹きぬべし」


[訳] 潮も満ちた。風もきっと吹くだろう。


〔「べし」が可能の意の場合〕…できるはずである。…できそうだ。


出典徒然草 四一


「殊に人多く立ちこみて、分け入(い)りぬべきやうもなし」


[訳] 特に人が多くて立て込んで、分け入ることのできそうなようすでもない。


〔「べし」が意志の意の場合〕…てしまうつもりである。きっと…しよう。…てしまおう。


出典更級日記 鏡のかげ


「我はかくて閉ぢこもりぬべきぞ」


[訳] 私はこうして(官職をやめたまま家に)閉じこもってしまうつもりだ。


〔「べし」が当然・義務の意の場合〕…てしまわなければならない。どうしても…なければならない。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「さらずまかりぬべければ、思(おぼ)し嘆かむが悲しきことを、この春より思ひ嘆き侍(はべ)るなり」


[訳] やむを得ず(月の世界へ)行ってしまわなければならないので、(あなた方が)お嘆きになるようなことが悲しい(という)ことを、(私は)この春から思い嘆いているのでございます。


注意

「ぬ」はこの場合、確述を表す。


なりたち

完了(確述)の助動詞「ぬ」の終止形+推量の助動詞「べし」









ぬべしのページへのリンク
「ぬべし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ぬべしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ぬべしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS