古語:

ぬなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぬ-・なり

分類連語


…てしまうそうだ。…てしまったそうだ。…しまうようだ。…てしまったようだ。


出典源氏物語 椎本


「鐘の声かすかに響きて、夜明けぬなりと、聞こゆるほどに」


[訳] 鐘の音がかすかに響い(てき)て、夜が明けてしまったようだと、(姫君たちが)思われるうちに。


なりたち

完了の助動詞「ぬ」の終止形+推定・伝聞の助動詞「なり」



ぬ-・なり

分類連語


…ないのだ。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「あの国の人をえ戦はぬなり」


[訳] あの(月の世界の)国の人を、(相手に)戦うことはできないのだ。


なりたち

打消の助動詞「ず」の連体形+断定の助動詞「なり」









ぬなりのページへのリンク
「ぬなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ぬなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ぬなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS