古語:

ぬかの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぬ-か

分類連語


〔多く、「…も…ぬか」の形で〕…てほしい。…ないかなあ。▽他に対する願望を表す。


出典万葉集 一三七四


「いつしかと吾(あ)が待つ月も早も照らぬか」


[訳] いつ出るかと私が待っている月も早く照らないかなあ。◇上代語。


…ではないか。▽打消の疑問を表す。


出典古今集 恋四


「かげろふのそれかあらぬか」


[訳] かげろうのようにはっきりしないが、あれは昔のあの人だったのか、そうではないのか。


なりたち

打消の助動詞「ず」の連体形+係助詞「か」



ぬか 【額】

名詞

ひたい。


ぬかずくこと。礼拝。


出典枕草子 あはれなるもの


「うち行ひたる暁のぬかなど、いみじうあはれなり」


[訳] 勤行をしている夜明け前の礼拝などは、たいそうしみじみと心打たれる。









ぬかのページへのリンク
「ぬか」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ぬかのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ぬかのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS