古語:

べらなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

べらなり

助動詞ナリ活用型

《接続》活用語の終止形に付く。ただし、ラ変型活用の語には連体形に付く。〔推量〕…するようだ。…そうに思われる。


出典土佐日記 二・一六


「桂川(かつらがは)わが心にも通はねど同じ深さに流るべらなり」


[訳] 桂川は私の心(の中)に流れているわけではないが、(私の帰京の喜びの深さと)同じ深さに流れているようだ。


注意

一語の助動詞であるから、「なり」を断定の助動詞と混同しないようにすること。


参考

助動詞「べし」の語形の変化しない部分「べ」+接尾語「ら」+断定の助動詞「なり」からできた語。平安時代、漢文訓読語に「べし」に当たる語として用いられ、和歌では『古今和歌集』のころにはかなり用いられたが間もなくすたれる。









べらなりのページへのリンク
「べらなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

べらなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




べらなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS