古語:

子の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ね 【子】

名詞

「十二支(じふにし)」の第一。


時刻の名。午前零時。また、それを中心とする二時間。


方角の名。北。



こ 【子・児】

名詞

(幼い)子。子供。[反対語] 親。


人を親しんでいう語。男にも女にもいうが、男が愛する女性に対して用いる場合が多い。


出典万葉集 一


「この丘に菜摘ますこ」


[訳] ⇒こもよ…。


(鳥などの)卵。「鳥のこ」



-し 【子】

接尾語

姓の下に付けて、尊敬の意を表す。「孔子」「孟(まう)子」。


男性の名の下に付けて、親愛、または軽い尊敬を表す。「橿木堂(きやうぼくだう)主人荷兮(かけい)子」。


手紙などで自分の名の下に付けて、謙譲の意を表す。「以上芭蕉(ばせう)子」



し 【子】

代名詞

あなた。きみ。▽対称の人称代名詞。◆漢文的表現で用いる。



-こ 【子・児】

接尾語

その仕事をする人の意を表す。「舟(ふな)こ」。


人に対して親しみをこめて呼ぶときに用いる。「背(せ)こ」「吾妹(わぎも)こ」。


親しみの気持ちをこめて、人の名に付ける。


参考

は、平安時代以降、女性の名の下に付けて「(女御(にようご))多賀幾子(たかきこ)」のように用いるが、正しく「こ」と呼んでいたかどうかは未詳で、「中宮(ちゆうぐう)定子(ていし)」のように音読するのが普通である。また、古くは、「小野妹子(をののいもこ)」「蘇我馬子(そがのうまこ)」などのように男性にも用いた。









子のページへのリンク
「子」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

子のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




子のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS