古語:

扇の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あふぎ 【扇】

名詞

扇子(せんす)。団扇(うちわ)。[季語] 夏。


参考

奈良時代には団扇であったといわれるが、平安時代以後、多く扇子をさす。扇子は日本人の発明で、涼をとるためのものと、悪気(あつき)・けがれをはらうための祭事用のものとがあった。扇面に絵や和歌を書いた鑑賞用のものも作られ、人への贈答に用いたり、神仏に献上したりもした。



おうぎ 【扇】

⇒あふぎ









扇のページへのリンク
「扇」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

扇のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




扇のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS