古語:

未だしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いまだ・し 【未だし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


未熟だ。まだその時期でない。


出典源氏物語 夢浮橋


「母に、いまだしきに言ふな」


[訳] 母には、まだその時期ではないので話してはいけない。



まだ・し 【未だし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


まだその時期になっていない。時期尚早だ。


出典古今集 夏


「五月(さつき)来(こ)ば鳴きもふりなむほととぎすまだしきほどの声を聞かばや」


[訳] 五月になれば鳴き声も古く感じられるだろう。ほととぎすよまだその時期になっていない(ういういしい)声が聞きたいものだ。


未熟である。まだ整わない。不十分である。


出典枕草子 うらやましげなるもの


「琴・笛など習ふ、またさこそは、まだしきほどは、これがやうにいつしかとおぼゆらめ」


[訳] 琴・笛などを習うときは、またそのように、未熟な間は、この人のようにいつになったら(上手になるのか)と感じていることだろう。








未だしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

未だしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




未だしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS