古語:

精進の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゃう-じん 【精進】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

一心に仏道修行に励むこと。


出典徒然草 八六


「一生しゃうじんにて、読経(どきやう)うちして」


[訳] 一生、仏道修行に励んで、経を読んで。


身を清め、不浄を避けること。


出典平家物語 二・徳大寺之沙汰


「にはかにしゃうじん始めつつ、厳島(いつくしま)へぞ参られける」


[訳] 急いで身を清め不浄を避けることを始めて、厳島へ参詣(さんけい)なさった。


魚や肉類を食べないで菜食すること。◆「しゃうじ」「さうじん」「さうじ」とも。仏教語。



さう-じん 【精進】

名詞

「しゃうじん(精進)」に同じ。



そうじん 【精進】

⇒さうじん



しゃう-じ 【精進】

名詞

「しゃうじん(精進)」に同じ。◆「しゃうじん」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。



さう-じ 【精進】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

「しゃうじん(精進)」に同じ。◆「さうじん(精進)」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。



そうじ 【障子・精進】

⇒さうじ









精進のページへのリンク
「精進」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

精進のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




精進のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS