古語:

あたらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あたら 【惜・可惜】

[一]連体詞

惜しい。もったいない。せっかくの。


出典方丈記 


「いかが要なき楽しみを述べて、あたら時を過ぐさむ」


[訳] どうして役に立たない楽しみを述べて、せっかくの(大切な)時を過ごそうか、いや、過ごすことはない。


[二]副詞

もったいないことに。惜しいことにも。


出典源氏物語 賢木


「あたら、思ひやり深うものし給(たま)ふ人の」


[訳] 惜しいことに、(あれほど)思慮の深くていらっしゃるお方が。


参考

形容詞「あたらし」のもとをなす部分で、立派なものに対し、その価値相当に扱われないことを残念だという感情を表す。









あたらのページへのリンク
「あたら」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あたらのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あたらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS