古語:

あるじの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あるじ

[一]

【主】


名詞

主人。主君。


出典伊勢物語 五


「あるじ聞きつけて、その通ひ路に、夜ごとに人を据ゑて守らせければ」


[訳] 主人が聞きつけて、その通って来る道に、毎晩人を置いて守らせたので。


持ち主。


出典枕草子 にくきもの


「その車のあるじさへ憎し」


[訳] その牛車(ぎつしや)の持ち主まで気にいらない。


[二]

【饗】


名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

客を招いてもてなすこと。ごちそう。「あるじまうけ」とも。


出典土佐日記 二・一五


「この人の家、喜べるやうにて、あるじしたり」


[訳] この人の家では、喜んでいるようすで、もてなしてくれた。









あるじのページへのリンク
「あるじ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あるじのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あるじのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS