古語:

いっすいのゆめの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いっすいのゆめの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いっすい-の-ゆめ 【一炊の夢】

分類連語


人生の栄華のはかないことのたとえ。邯鄲(かんたん)の夢。邯鄲の枕(まくら)。


参考

唐の盧生(ろせい)という青年が、身を立てようと楚(そ)へ向かう途中、邯鄲の地で道士に枕(まくら)を借りてひと眠りし、その間の夢で、栄華を尽くした一生を送るが、目覚めてみると、まだ炊きかけの粟飯(あわめし)もできあがっていない程の短い時間にすぎなかったという、『枕中記(ちんちゆうき)』の故事から。








いっすいのゆめのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いっすいのゆめのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いっすいのゆめのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS