古語:

いざさらばの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いざさらばの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いざ-さらば

分類連語


さあ(よし)、それでは。▽何かの行動を促したり始めようとしたりするときに言う。


出典今昔物語集 二五・一〇


「いざさらば、同じくはこの奴(やっこ)射ころして頸(くび)取りて、河内(かはち)の殿に奉(たてまつ)らむ」


[訳] よし、それでは、いっそのことこいつを射殺して首を取って、河内の殿様に差し上げよう。


なりたち

感動詞「いざ」+感動詞「さらば」



いざさらば…

分類俳句


「いざさらば雪見にころぶ所まで」


出典花摘 俳諧・芭蕉(ばせう)


[訳] 外は一面の雪、さあ、それならば雪見にと参ろう。ころぶ所までどこまでも。


鑑賞

季語は「雪見」で、季は冬。外へ出ての雪見の句であるが、「ころぶ」という表現に作者の躍る心がうかがわれる。「いざさらば」を、「ではさようなら」の意にとらないこと。








いざさらばのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いざさらばのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




いざさらばのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS