古語:

いろなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いろ・なり 【色なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


はなやかで美しい。


出典源氏物語 竹河


「御髪(みぐし)いろにて、柳の糸のやうに、たをたをと見ゆ」


[訳] 髪の毛がはなやかで美しくて、柳の枝のようにしなやかに見える。


風流だ。色好みだ。


出典源氏物語 総角


「いろなる御心にはをかしくおぼしなさる」


[訳] (匂宮(におうのみや)の)風流なお心には興味深くお感じになられる。








いろなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いろなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




いろなりのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS