古語:

いやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いや

感動詞

やあ。いやはや。▽驚いたときや、嘆息したときに発する語。


やあ。▽気がついて思い出したときに発する語。


よう。あいや。▽人に呼びかけるときに発する語。


やあ。それ。▽はやしたてる掛け声。



いや 【弥】

副詞

いよいよ。ますます。


出典源氏物語 玉鬘


「京の事はいや遠ざかるやうに隔たり行く」


[訳] 京の事はいよいよ縁が遠くなるようにかけ離れていく。


きわめて。最も。


出典古事記 神武


「かつがつもいや先立てる兄(え)をし枕(ま)かむ」


[訳] とりあえず最も先に立っている年長の娘を妻にしよう。


参考

修飾する語と一体化して接頭語的に用いられる場合が多い。従って、接頭語とする説もある。



いや 【礼】

⇒ゐや









いやのページへのリンク
「いや」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いやのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




いやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS