古語:

いり揉むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いり-も・む 【いり揉む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


激しくもみ合う。風などが吹き荒れる。


出典源氏物語 明石


「いりもみつる風の騒ぎに」


[訳] 激しく吹き荒れた風の騒々しさに。


気をもむ。


出典宇治拾遺 三・九


「いりもみ思ひければ」


[訳] 気をもんで思いこんだので。


[二]他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


ぜひにと一心に祈り願う。


出典宇治拾遺 一一・七


「『…』といりもみ申して」


[訳] 「…」と一心に祈り願い申し上げて。








いり揉むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いり揉むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




いり揉むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS