古語:

うらびるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うら-び・る

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


「うらぶる」に同じ。


出典古今集 秋上


「秋萩(あきはぎ)にうらびれをればあしひきの(=枕詞(まくらことば))山下とよみ鹿(しか)の鳴くらむ」


[訳] 秋の萩の花を見てわびしく思っているので、山のふもとが鳴り響くほど(激しく)鹿が鳴いているのだろう。◆「うらぶる」の変化した語。連用形の例しか見られない。








うらびるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うらびるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




うらびるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS