古語:

うらうらにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > うらうらにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うらうらに…

分類和歌


「うらうらに照れる春日(はるび)に雲雀(ひばり)上がり心悲しも独りし思へば」


出典万葉集 四二九二・大伴家持(おほとものやかもち)


[訳] うらうらと春の日の照っている中を、ひばりが空に上がっている。このような日に一人で物思いにふけっていると、何とも悲しい思いになる。


鑑賞

作者の叙情歌の代表作の一つ。「歌によって悲しみに閉ざされた心を払いのけようとした」と左注にあるように、春のやわらかい日ざしの中で愁いに浸る作者の気持ちが、みごとに表れている。「独りし思へば」は「心悲しも」に対する倒置表現であることに注意したい。「心悲しも」の「も」は詠嘆の意を添える終助詞、「独りし思へば」の「し」は強意の副助詞。









うらうらにのページへのリンク
「うらうらに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うらうらにのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




うらうらにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS