古語:

うみならずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > うみならずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うみならず…

分類和歌


「海ならずたたへる水の底までに清き心は月ぞ照らさむ」


出典新古今集 雑下・菅原道真(すがはらのみちざね)


[訳] 海どころかもっと深く水をたたえている深い底のように潔白な心は、月こそが照らして明らかにしてくれることだろう。


鑑賞

心底恥じるところのない我が身の潔白を、だれにも見せることができないと嘆いた歌。天にも恥じないという自尊心が、格調高く詠まれている。『大鏡』時平(ときひら)伝は、時平によって九州大宰府(だざいふ)に流された道真が、配所で詠んだと記している。「たたへる」は動詞「たたふ」の已然形+完了・存続の助動詞「り」の連体形。









うみならずのページへのリンク
「うみならず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うみならずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うみならずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS