古語:

うまにねての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > うまにねての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うまにねて…

分類俳句


「馬に寝て残夢(ざんむ)月遠し茶の煙(けぶり)」


出典野ざらし 俳文・芭蕉(ばせう)


[訳] 夜が明けきらぬうちに宿を出て、馬上でうとうとしながら夢見心地でいたら、ふと目が覚めた。気づくと、遠くの山際には月がかかり、ふもとの里には家々から茶を煮る煙が立ちのぼっていることだ。


鑑賞

歌枕(うたまくら)として有名な「小夜(さや)の中山」(静岡県掛川市にある峠)に至った折の句。杜牧(とぼく)の漢詩「早行(さうかう)」の一節「林下残夢を帯び、葉飛んで時にたちまち驚く。…月暁にして遠山横たふ」をふまえている。季語は「月」で、季は秋。








うまにねてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うまにねてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うまにねてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS