古語:

うのはなにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > うのはなにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うのはなに…

分類俳句


「卯(う)の花に兼房(かねふさ)見ゆる白毛(しらが)かな」


出典奥の細道 平泉・曾良(そら)


[訳] 真っ白に咲き乱れる卯の花を見ていると、昔、白髪(しらが)を乱して奮戦し、義経(よしつね)の最期を見とどけた増尾十郎兼房の面影が浮かんでくる。


鑑賞

芭蕉(ばしよう)師弟が高館(たかだち)に上って義経らをしのんで涙した時の句で、芭蕉の「夏草や兵(つはもの)どもが夢の跡」と並んで出る。兼房は義経の北の方の傅(めのと)で、白髪をふり乱しての奮戦と壮絶な最期は、『義経記(ぎけいき)』の巻八に語られている。季語は「卯の花」で、季は夏。








うのはなにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うのはなにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うのはなにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS