古語:

おもひまはせばをぐるまのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おもひまはせばをぐるまのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもひまはせばをぐるまの…

分類歌謡


「思ひまはせば小車の思ひまはせば小車の僅(わづ)かなりけるうき世かな」


出典閑吟集 


[訳] 思いをめぐらせてみると、回らせる小さな車ではないけれど、思いをめぐらせてみると、回らせる小さな車の輪ではないけれど、わずかな間のこのはかない世であったことだ。


鑑賞

世の無常を縁語や掛け詞(ことば)の技巧を用いて軽妙に歌った歌。「思ひまはせば」に「小車」を「まはす」、「僅か」の「わ」に小車の「輪」をかける。また、「小車」の「小」に「僅か」を関連させる。








おもひまはせばをぐるまののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おもひまはせばをぐるまののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




おもひまはせばをぐるまののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS