古語:

かりかりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かり-かり

副詞かりかり。

▽雁(かり)・(がん)の鳴き声。


出典後撰集 秋下


「ひたすらにわが思はなくに己(おのれ)さへかりかりとのみ鳴き渡るらむ」


[訳] ひたすらに思っているわけではないのに、(私だけでなく)雁、おまえまでもが「かりかり」(仮りだ、仮りだ)とばかりいって鳴きつづけているようだ。◆擬声語。


参考

和歌では「仮(かり)」の意をかけて使うことが多い。








かりかりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かりかりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かりかりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS