古語:

ささふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ささ・ふ

他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


(一)

【支ふ】支える。もちこたえる。


出典徒然草 三八


「身の後(のち)には、金(こがね)をして北斗をささふとも」


[訳] 自分の死後には、黄金でもって北斗星を支えるほどであっても(=それほど財産を残しても)。


(二)

【障ふ】妨げる。さえぎる。


出典万葉集 三三三八


「風吹けば波のささふる海道(うみぢ)は行かじ」


[訳] 風が吹くと波がさえぎる海の道は行くまい。◇「支ふ」と書かれる場合もある。








ささふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ささふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ささふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS