古語:

ささとの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ささ(と)

副詞

ざざっ(と)。▽水が勢いよく流れたり注ぎかかったりするようすを表す。


出典徒然草 一一四


「あがきの水、前板までささとかかりけるを」


[訳] (牛の)足で蹴(け)立てた水が、(車の)前板までざざっとかかったので。


ざわざわ(と)。どっ(と)。▽多数の人が口々に言ったり、一度に笑い出したりするようすを表す。


出典大鏡 道長下


「聴聞衆どもささと笑ひて」


[訳] 説法を聞いている人たちはどっと笑って。


さっ(と)。▽動作がすばやいようすを表す。


出典大鏡 道長下


「西ざまに人々のささと走れば」


[訳] 西の方角に人々がさっと走るので。◆擬声語。「さざ(と)」とも。








ささとのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ささとのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ささとのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS