古語:

さざなみやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > さざなみやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さざなみや…

分類和歌


「さざなみや(=枕詞(まくらことば))志賀(しが)の都はあれにしを昔ながらの山桜かな」


出典千載集 春上・よみ人知らず・平家物語七・忠度都落・平忠度(たひらのただのり)


[訳] 志賀の古い都(=大津の宮)はすっかり荒れ果ててしまったが、昔ながらに美しく咲いている長等山(ながらやま)の山桜よ。


鑑賞

『平家物語』によると、この歌は都落ちする平忠度が、和歌の師である藤原俊成(ふじわらのとしなり)に託した歌の中の一首で、後に俊成が朝敵の平家一門であることをはばかって、「よみ人知らず」として『千載和歌集』に入れたとされる。「昔ながら」に、志賀の都の西方にある「長等山」をかける。









さざなみやのページへのリンク
「さざなみや」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さざなみやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さざなみやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS