古語:

つゆのよはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > つゆのよはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つゆのよは…

分類俳句


「露の世は露の世ながらさりながら」


出典おらが春 俳文・一茶(いつさ)


[訳] 昔から、この世は露のようにはかないものとされていて、確かに無常な世であることはよく分かっているつもりだが、そうではあってもやはり、この死別の悲しさは、この世が露の世だと自分にいいきかせてもどうにもならないことだ。


鑑賞

文政一年(一八一八)、五十六歳で得た長女を、翌年失い、その折に追悼として作った句。季語は「露」で、季は秋。









つゆのよはのページへのリンク
「つゆのよは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つゆのよはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つゆのよはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS