古語:

つむの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つ・む

他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


前歯でかじる。


出典枕草子 にげなきもの


「鬚(ひげ)がちなるものの椎(しひ)つみたる」


[訳] (似つかわしくないものは)ひげ面の者が椎(しい)の実を前歯でかじっているの。



つ・む 【抓む】

他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


つまむ。


出典万葉集 四四〇八


「御裳(みも)の裾(すそ)つみ挙げ」


[訳] (母は)裳の裾をつまみあげ。


つねる。


出典万葉集 三九四〇


「わが背子(せこ)がつみし手見つつ」


[訳] 私の夫がつねった手を見ながら。



つ・む 【積む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


積もる。


出典猿蓑 俳諧


「下京(しもぎやう)や雪つむ上の夜の雨―凡兆」


[訳] ⇒しもぎゃうや…。


[二]他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


重ねる。積み重ねる。


出典枕草子 僧都の御乳母のままなど


「馬づかさの御秣(みまくさ)つみて侍(はべ)りける家より」


[訳] 馬寮のかいばを積み重ねてありました家から。


(船や車などに荷を)載せる。


出典徒然草 一七七


「鋸(のこぎり)のくづを車につみて、多く奉りたりければ」


[訳] 鋸で切った切りくずを車に積んで、たくさん差し上げたので。


ふやす。増す。


出典平家物語 三・少将都帰


「いましばらく念仏の功をもつむべう候へども」


[訳] もう少し念仏の功徳(くどく)を増すほうがよいのですが。



つ・む 【詰む】

[一]自動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


勤務場所に控えている。詰める。


出典冥途飛脚 浄瑠・近松


「これのは今朝から庄屋(しやうや)殿へつめられ」


[訳] うちの人は今朝から庄屋殿のところへ詰めておられ。


[二]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


ぎっしりと入れる。いっぱいにする。


出典茶壺 狂言


「まんまと茶をつめて下りまする所に」


[訳] 首尾よく茶をぎっしりと入れて下ります所に。


すき間に物を入れて動けなくする。


出典落窪物語 二


「打ちたたき、押し引けど、内外(うちと)につめてければ、ゆるぎだにせず」


[訳] たたいたり、押したり引いたりしても、内にも外にもすき間に物を入れ動けなくしてあるので、ゆらぐことさえない。


(相手を)行き詰まらせる。追い詰める。


出典徒然草 二四三


「問ひつめられて、え答へずなり侍(はべ)りつ」


[訳] 問い詰められて、答えられなくなってしまいました。


短くする。縮める。


出典風姿花伝 二


「腰膝(ひざ)を屈(かが)め、身をつむれば」


[訳] 腰や膝をかがめ、からだを縮めると。


(家計を)切り詰める。倹約する。


出典阿波鳴渡 浄瑠・近松


「わしが身をつめ、三度つける油も一度つけ」


[訳] 私が身代を切り詰め、三度つける油も一度だけつけ。



つ・む 【集む】

他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


集める。


出典万葉集 三六〇


「潮干(ひ)なば玉藻刈りつめ」


[訳] 潮が引いたら海草を刈り集めよ。◇「つめ」は古い命令形。









つむのページへのリンク
「つむ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つむのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




つむのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS