古語:

つひゆの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つひ・ゆ

自動詞ヤ行下二段活用

活用{え/え/ゆ/ゆる/ゆれ/えよ}


(一)

【弊ゆ・潰ゆ】


崩れる。破れる。


出典雨月物語 浅茅が宿


「御所(ごしよ)の師(いくさ)つひえしかば」


[訳] 御所方の軍勢が崩れたので。


弱る。やせ衰える。


出典源氏物語 蓬生


「年ごろいたうつひえたれど」


[訳] 数年来ひどく弱ったけれど。


(二)

【費ゆ】使ってしだいに減る。


出典日本書紀 皇極


「損(おと)りつひゆること極めて甚だし」


[訳] (財産が)損失し使ってしだいに減ることがこの上なくはなはだしい。








つひゆのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つひゆのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




つひゆのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS